■amazon ガンプラ新商品
クリックすると詳細ページが見れます。

2019年12月発売
METAL STRUCTURE
RX-93 νガンダム

2019年10月発売
HGUC 閃光のハサウェイ
ペーネロペー

2019年10月発売
ハイレゾリューションモデル
ゴッドガンダム

2019年9月発売
MG ガナーザクウォーリア
(ルナマリア・ホーク専用機)

2019年8月発売
HG ユニコーンガンダム 3号機
フェネクス(ユニコーンモード)

2019年9月発売
HGAC 新機動戦記ガンダムW
ガンダムサンドロック

2019年8月発売
RG 機動戦士ガンダム
逆襲のシャア νガンダム

2019年7月発売
RE/100 機動戦士ガンダム0080
ポケットの中の戦争 ザクII改

【ROBOT魂】機動戦士ガンダムSEED フリーダムガンダム

GUNPLA
スポンサーリンク

今回紹介するのはROBOT魂の機動戦士ガンダムSEEDに登場するフリーダムガンダムです。
2015年には発売されたプラモデルですが、SEEDシリーズは未だに人気のある作品なのでアマゾンの評価も比較的高いようです。
価格は5940円で決して安くはないですが、クオリティは高いのでおススメの商品です。

パッケージの正面画です。フリーダムの横顔が印象的です。

梱包されてるのは、下記の通りです。
取扱説明書
フリーダムガンダム本体
交換用手首6個
ウイング
シールド
ビームライフル
ビームサーベル刃
ビームサーベル柄
両刃ビームサーベル柄
ジョイントパーツ 

取扱説明書はフリーダムガンダムの組み立て方、武装の取り付け方などが記載されています。

ROBOT魂 機動戦士ガンダムSEED [SIDE MS] フリーダムガンダム 約140mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
極上のしなやかさを備えたROBOT魂『フリーダムガンダム』が参戦!◆豪華初回特典!!特製マーキングシール&ブックレット付属!!■動く!フルバースト中のアクションポーズも難なく堪能。■キマる!腰の捻りを活かした躍動感溢れるポージング。■機構で魅せる極上のしなやかさ。2軸可動とボールジョイントにより、前後左右に加え『捻る』...

武装をつけないで、機体のみの状態で撮影してみました。
全体的にスリムな印象を受けました。腰についている2本のレール砲が標準で装備されています。

手首は6個付属しています。標準で2個ついているので、全部で8個の手首が存在します。

ビームサーベルは2本付属しています。
片手用の柄も同じく2本、両刃用の柄が1本付属しています。

シールドとビームライフルです。
シールドの穴はライフルの射撃用にあるようです。

ディスプレイ用のジョイントパーツです。
別売りのディスプレイに対応しているようです。

背部に装備するウイングです。
内側に2本のビーム砲が装着されています。
ウイングの重量はかなりあるので、慎重に扱ったほうがよいと思います。 

ウイングを展開するとこんな感じになります。
実際に装備すると羽のように見えます。

腕の可動範囲は写真の通り、かなり範囲がひろいです。
肩もある程度うごかせるので、自由にアクションポーズができます。

腕の後ろにある穴はシールドを装着して固定することができます。

腰についているレール砲は2本あります。
通常は腰に収納して、必要時にまっすぐ展開してグリップで握ることが可能です。

胴体と腰は丸ボールで接続されているので、ある程度自由に可動できます。

わかりずらいですが、上半身をうえに伸ばすと胸を張ったような状態になります。

腰下に穴があるので、そこにジョイントパーツを装着するとディスプレイ用に飾れます。

ふくらはぎのフィンを展開すると、バーニアがせり出します。

背中にウイングを装着するための穴が空いています。
ウイングを装着すると重心が後ろに倒れるのでポージングに苦労するかもしれないです。 

ビームサーベル用の柄は通常時に腰まわりに収納することができます。
失くさないためにもここに収納したほうがよいと思います。

ビームライフルは腰の後ろの収納することが可能です。

基本的な武装を装備してみました。
ウイングを装着するとだいぶサマになってきました。
スタイリッシュな立ち振る舞いで安定感があります。

ウイングを展開するとこんな感じになります。
羽のように見えてカッコいいですが、若干うしろの重心をもっていかれます。

ウイングのなかのビーム砲を展開してみました。
中から取り出して前面に展開するので、ギミックが少し面倒な印象があります。

ROBOT魂 機動戦士ガンダムSEED [SIDE MS] フリーダムガンダム 約140mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
極上のしなやかさを備えたROBOT魂『フリーダムガンダム』が参戦!◆豪華初回特典!!特製マーキングシール&ブックレット付属!!■動く!フルバースト中のアクションポーズも難なく堪能。■キマる!腰の捻りを活かした躍動感溢れるポージング。■機構で魅せる極上のしなやかさ。2軸可動とボールジョイントにより、前後左右に加え『捻る』...

空中でウイングを展開して構えてるシーンを再現してみました。
上半身は写真のように反ることもできるので、胸を張ったように見えます。
HG用のアクションポーズを使用してみました。 

すべての武装を展開してマルチ・ロックオンしてみました。
フリーダムといったらやっぱりこのアクションポーズですね。
遠目でみるとこのポーズが一番カッコいいと思います!

ビームサーベルを2本を構えているシーンです。
フリーダムはビームがメインで戦ってるイメージがあったのですが、サーベルを持てせても全然カッコいいですね。

パッケージのポーズを再現してみました。
ビームサーベルの隙間からのぞき込むフリーダムの横顔がステキです・・

最後は両刃のビームサーベルを持たせて、仁王立ちさせてみました。
アクションベースを使うより、地面に立たせるほうが安定感があるような気がします。
原作通りフリーダムは空中・宇宙のシーンのほうが似合いますね。

■まとめ
機体としては非常にスリムに仕上がっており、完成度の高い作品でした。
一番の特徴であるウイングが丁寧に作られているので、背中に装備したときにピタッと固定されます。
足と腕の可動範囲も広いので、いろんなポージングが可能です。
マルチ・ロックオンのアクションポーズでかなり遊べる作品だと思われます。

■ 発売中おすすめガンプラ


HGCE ガンダムSEED DESTINY
デスティニーガンダム

RG 機動戦士クロスボーン
クロスボーン・ガンダムX1

MG 機動戦士ガンダム0080
ガンダムNT-1 Ver.2.0

HGUC 機動戦士ガンダムNT
ナラティブガンダム C装備
GUNPLA
スポンサーリンク
シェアする
Build Edge

コメント