■amazon ガンプラ新商品
クリックすると詳細ページが見れます。

2019年12月発売
METAL STRUCTURE
RX-93 νガンダム

2019年10月発売
HGUC 閃光のハサウェイ
ペーネロペー

2019年10月発売
ハイレゾリューションモデル
ゴッドガンダム

2019年9月発売
MG ガナーザクウォーリア
(ルナマリア・ホーク専用機)

2019年8月発売
HG ユニコーンガンダム 3号機
フェネクス(ユニコーンモード)

2019年9月発売
HGAC 新機動戦記ガンダムW
ガンダムサンドロック

2019年8月発売
RG 機動戦士ガンダム
逆襲のシャア νガンダム

2019年7月発売
RE/100 機動戦士ガンダム0080
ポケットの中の戦争 ザクII改

RG 1/144 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア νガンダム まとめ

GUNPLA
スポンサーリンク

RG 1/144 νガンダムが2019年8月に発売されます。
定価は4,536円(税込)です。

 

もうすぐ発売になるので、キュレーションではないですが情報を整理してまとめてみました。
4月に発表されてから話題になっていますが、機体だけではなくプレバンのダブル・フィン・ファンネル拡張ユニットも発売するようなので、長く遊べるガンプラになると思います。

『RG νガンダム』をうごかしてみた!

『RG νガンダム』をうごかしてみた!
情報元@Youtube/THE GUNDAM BASE TOKYO

(バンダイ驚異のメカニズム)RG 1/144 νガンダム レビュー

(バンダイ驚異のメカニズム)RG 1/144 νガンダム レビュー
情報元@Youtube/笠松のガンプラ・ホビー動画

 
■RG νガンダム ギャラリー

従来のRGと同じく内部フレーム構造を覆いかぶせるようにパーツが構成されています。
稼働範囲が広いのはもちろんのこと、脚部のパーツがスライドできるのがポイントだと思います。

2012年に発売された MG νガンダム カトキハジメ氏モデルはかなり評価が高く、今でも遊んでいますがそれ以上に期待できそうですね!

■商品説明

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する、アムロ・レイ搭乗機をRGにラインナップ!

■設定上の機構や劇中のポージングを再現するための様々なギミック、さらに実機考証に基づくオリジナルのギミックを1/144スケールに凝縮。
■精密なパーツ構成により、1/1スケールをイメージして作る楽しさ、飾る楽しさを両立。
■νガンダムの特徴的なカラーリングは成形色で再現。白い本体には薄いグレーの成形色を3色使用し、情報の密度を上げている。
■肩部と腹部にはジョイントが内蔵されており、フレキシブルに可動。捻りや肩の押出しが可能となり、よりダイナミックなポージングを実現。
■肩のアーマーは内部のジョイントと連動して大きく展開する機構を内蔵。肩の可動域が拡大することにより、武装を構えるポージングなどで発生するパーツ同士の干渉を軽減。
■腰部ジョイントがブロックごとに細かく可動し、脚部の可動範囲を拡大。膝を大きく前に突き出す動きが可能になり、1/144スケールながらもスタンスの広い迫力あるポーズを演出できる。
■脚部には、各関節の可動と連動して装甲がスライドする「マルチリンク・ギミック」を搭載。大きく膝を曲げたポージングも自然に再現。

【付属品】
■ビーム・ライフル×1
■フィン・ファンネル×6
■ニュー・ハイパー・バズーカ×1
■シールド(ビーム・キャノン)×1
■ビーム・サーベル(バックパック部・腕部)×各1
■ミサイル×1式

【付属品】
■成形品×13
■リアリスティックデカール×1
■取扱説明書×1

情報元 @ バンダイホビーサイト

ランナー13枚は組み立てるのにかなりの時間を要しそうな気がします。νガンダムといえばMG Ver. Ka では脚部が長く、下半身がずっしり安定した印象がありましたが、今回のRGはどうなっているのか気になるところです。脚部のマルチリンク・ギミックは楽しみです。

■RG 1/144 νガンダム用ダブル・フィン・ファンネル拡張ユニット(プラミアムバンダイ)
※ ダブル・フィン・ファンネル装備のνガンダムを再現するための拡張ユニットのため、MS本体は付属していないので要注意。

2次は2019年11月発送予定です。
価格は1,870円(税込)です。

もともとMSに付属していたフィン・ファンネル6枚に対してさらに6枚を追加して合計12枚のフィン・ファンネルを再現しているようです。MG Ver. Ka モデルだとファンネルが外れやすく、すぐポロっとなってしまったので改善されているか期待したいと思います。ファンネルの数が多いのでアクションベースを使用しないと重心が後ろにもっていかれそうなのが心配。赤いディスプレイセットが付属しているのは大きいポイントだと思います。  

■商品説明

― 双 翼 の R G ν ガ ン ダ ム を 再 現 ―
「RG 1/144 νガンダム」(別売り 2019年8月店頭発売予定)に装着して、
νガンダムのダブル・フィン・ファンネル装備が再現できる拡張ユニットが登場。
※この商品にMS本体は含まれません。
● RG準拠のハイディテールで、ダブル・フィン・ファンネル装備を再現!
  右翼のダブル・フィン・ファンネルパーツが付属し、RG 1/144 νガンダム(別売り)と組み合わせ、ダブル・フィン・ファンネル装備を再現可能。
● ディスプレイベースにより、フィン・ファンネルの射出ディスプレイが可能!
  アムロ・レイのパーソナルマークを模したディスプレイベースが付属。ベースパーツは赤の成形色を採用。
  接続アームにより、フィン・ファンネルを射出イメージのディスプレイが可能。
● RG 1/144 νガンダム本体分を含む水転写式デカールが付属
セット内容
フィン・ファンネル×6
ディスプレイベース
接続アーム×6
水転写式デカール

情報元 @ プレミアムバンダイ

■まとめ
レビュー動画を見た感想だと、思った以上にポージングがかっちり決まっていました。
HGでは再現できないような、精密なパーツを活かした細かい可動調整ができるのでそこがポイントだと思います。
7年前に発売されたMG νガンダム Ver.Ka はかなり出来がよかったので今回のRGも楽しみです。
2019年12月にMETAL STRUCTURE RX-93 νガンダムが発売されるので、その前にRGを購入して遊んでみたいと思います。


■ 発売中おすすめガンプラ


HGCE ガンダムSEED DESTINY
デスティニーガンダム

RG 機動戦士クロスボーン
クロスボーン・ガンダムX1

MG 機動戦士ガンダム0080
ガンダムNT-1 Ver.2.0

HGUC 機動戦士ガンダムNT
ナラティブガンダム C装備
GUNPLA
スポンサーリンク
シェアする
Build Edge

コメント

  1. […] RG 1/144 νガンダム https://build-edge.com/rg-ngundam-int […]

  2. […] RG 1/144 νガンダム https://build-edge.com/rg-ngundam-int […]