【ガンプラ】機動戦士ガンダム HGUC 1/144 MSM-07 ズゴック レビュー

GUNPLA
スポンサーリンク

 

製品名 HGUC 1/144 MSM-07 ズゴック セット内容 取扱説明書
ランナー4枚
シール1枚
価格 756円(税込)
メーカー バンダイ
作品 機動戦士ガンダム 武装 メガ粒子砲
クローアーム
240mmロケット弾
シリーズ名 HGUC
発売日 1999年11月

 

機動戦士ガンダムに登場するズゴックを作ってみました。
1999年に発売されたガンプラですが、パーツ数が少なく作りやすい作品でした。
水陸両用のモビルスーツでシャア専用のズゴックも発売されています。

 

足の裏が大きいので立たせると重心が安定してるので、アクションポーズが組みやすかったです。
両手に装備されてるクローが特徴的で、背中には推進装置を背負っています。
水中でも戦えるようにいろんな武装が仕込まれてます。

胸の中央部分がコクピットハッチです。
パッチは開閉できないようです。
背中はシンプルに推進装置のみ差し込める構造です。
頭部は水中発射が可能なミサイルが装備されています。

左右両手のクローです。
手のひらにはメガ粒子砲が装備されています。
うでは3層構造のギミックになっており、大きく可動することが可能です。
自由度の高い関節部分で構成されています。

あしはうでと同じ関節部分で構成されています。
関節部分は大きくうごけるので、両脚をひろげることもできます。
なにげに関節がたくさんあるので、構えるポーズがたくさんできると思います。

戦闘シーンを再現してみました。
クローの中心にあるメガ粒子砲を構えているアクションポーズです。

どこまで関節が曲がるか試してみました。
両手、両足ともに想像以上によく曲がったのが印象的でした。
がに股で立たせるとバランスがとれてとても安定します。

メガ粒子砲を発射する態勢です。
これで連邦軍のモビルスーツをやっつけます。

ジムと戦っているシーンを再現してみました。
作品中にこんな戦闘があったような気がしたので、思いつきでやってみました。
ズゴックのクローでジムが破壊されています。

ガンダムとジムとズゴックの大きさを並べて比較してみました。
高さはほぼ同じですが、横幅がズゴックのほうが大きい気がしました。

■まとめ
古いガンプラですが、値段も安く、パーツ数も少ないので初心者のひとには作りやすい作品だと思います。
水陸両用なのでアクションベースは要らないと思います。
ジョイントパーツが多いので、思った以上によくうごきます。
シャア専用ズゴックもあるので次回つくってみようと思います。

 
GUNPLA
スポンサーリンク
シェアする
Build Edge

コメント