■amazon ガンプラ新商品
クリックすると詳細ページが見れます。

2019年12月発売
METAL STRUCTURE
RX-93 νガンダム

2019年10月発売
HGUC 閃光のハサウェイ
ペーネロペー

2019年10月発売
ハイレゾリューションモデル
ゴッドガンダム

2019年9月発売
MG ガナーザクウォーリア
(ルナマリア・ホーク専用機)

2019年8月発売
HG ユニコーンガンダム 3号機
フェネクス(ユニコーンモード)

2019年9月発売
HGAC 新機動戦記ガンダムW
ガンダムサンドロック

2019年8月発売
RG 機動戦士ガンダム
逆襲のシャア νガンダム

2019年7月発売
RE/100 機動戦士ガンダム0080
ポケットの中の戦争 ザクII改

【ガンダムベース限定】HG 1/144 ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ(デストロイモード)

GUNPLA
スポンサーリンク

ガンダムベース東京で ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ なるものを買ってきました。

購入方法は2つあるようです。

ガンダムベース東京の現地で購入するか、またはプレバンでオンライン購入も可能なようです。

プレバンだと受注生産なので、すぐにほしいひとは現地で購入するのがよいと思います。

価格は3、672円(税込)です。

HG 1/144 ガンダムベース限定 ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ(デストロイモード) − 商品情報|THE GUNDAM BASE TOKYO - ガンダムベース東京公式サイト
(株)BANDAI SPIRITS ホビー事業部運営の「ガンプラ」を主体とした総合施設”ガンダムベース東京(THE GUNDAM BASE TOKYO)”の公式ホームページです。ガンダムベース東京関連の施設情報や更新情報、新商品情報、イベント、キャンペーンなどの情報をお知らせ!
HG 1/144 ガンダムベース限定 ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ(デストロイモード)【2019年7月発送】| プレミアムバンダイ
HG ガンダムベース限定 ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ(デストロイモード)がベストセレクションに登場!

HGにしては箱はかなり大きいです。通常のHGの2倍くらいの高さがあるような気がしました。

サイドの写真は取扱説明書にない機体の説明があるので、ポイントだと思います。

ランナーは16枚です。

サイコフレームの青色クリアパーツが特徴的です。

取扱説明書に機体の説明がほしかったのですが、なかったですね。

プレバンや限定品の場合でも、作品の説明があるとうれしいです。

シールは1枚のみ、デカールはありません。

作成時間は5時間ほどかかりました。

全体的にパーツ数が多くて、ゴツゴツした印象がありますね。

青色の発色したサイコフレームの内部パーツを使用しているのが特徴的です。

背中には鳥の羽のような可動式スタビライザーが搭載されています。

薄く作られているので、見た目のほどの重さはありません。

武装は下記のものが付属しています。

ハイパー・ビーム・ジャベリン

ビーム・マグナム

シールド

アームドアーマーBS

アームドアーマーVN

アームドアーマーXC

アームドアーマーDE

アームド・アーマーVN、左腕に装備された近接格闘用武装です。

ビーム・サーベルは2本、水色のクリアパーツです。

ビーム・マグナムはサイドの持ち手が前後に可動します。

ハイパー・ビーム・ジャベリンは光の角度によって水色に見えたり、青色に変化しました。

アームド・アーマーDEの鳥の飾り羽の様な形状の「可動式スタビライザー」です。

背部にバックパック用シールド接続フレームを増設することでアームド・アーマーDEを2枚1対の大きな翼のように装備しています。

可動式スタビライザーは4つのパーツから構成されています。

それぞれに角度をつけることで曲線を再現できます。小さくて繊細なパーツなので扱いに注意が必要です。

収納形態と展開形態を選択式で再現可能です。

フェイスのアップです。白と青で統一されているので、クールな印象があります。

アームド・アーマーBS、右腕に装備された射撃武装に換装することができます。

背中のバックパックは2本の接続部分が伸びており、そこからアームド・アーマーDEを装備しています。

股下に穴が空いているので、アクションベースに対応しています。

脚にもサイコフレームのパーツが使用されています。

可動範囲は広く、様々なアクションポーズが再現可能です。

ハイパー・ビーム・ジャベリンは片手で持つとバランスが悪く、重量があるので手がもっていかれます。

安定させるならなるべく両手でもったほうがよいと思います。

ガンプラとしてはしっかり出来ているので、アクションベースに接続させるとすごく安定します。

アームド・アーマーBSで射撃武装に換装してみました。

ビーム・サーベルを両手で持たせてみました。

スタイルが綺麗なのでガンダム・エクシアに似ている気がしました。

個人的にはこのポージングがシンプルで一番好きです。

■まとめ

パーツ数が多いせいか、所々接続がゆるくて落ちそうになるところがあったので、もう少し設計のフェーズで改善してほしいなと思いました。

RGのユニコーンガンダムも過去に作成しましたが、同じように思いました。

武装が多く付属しているので、換装するのが好きなひとには合ってると思います。

サイコフレームのクリアパーツが青色でクールな雰囲気なので、見てて飽きない作品だと思いました。

■ 発売中おすすめガンプラ


HGCE ガンダムSEED DESTINY
デスティニーガンダム

RG 機動戦士クロスボーン
クロスボーン・ガンダムX1

MG 機動戦士ガンダム0080
ガンダムNT-1 Ver.2.0

HGUC 機動戦士ガンダムNT
ナラティブガンダム C装備
GUNPLA
スポンサーリンク
シェアする
Build Edge

コメント