HGCE 1/144 新生デスティニーガンダム

GUNPLA
スポンサーリンク

今回も発売されたばかりの HGCE デスティニーガンダム のレビューをしたいと思います。

一度キット化されているので、今回はリメイクされた新生デスティニーを紹介していきます。

発売日は2019年5月31日、価格は2,376円(税込)です。

箱絵はパルマフィオキーナ掌部ビーム砲を構えています。

過去に発売された HGCE デスティニー の箱絵はビームソードを構えている箱絵でした。

約2~3時間で素組が完成しました。

過去に発売されたキットとは異なり、全体的にスリム化しているような印象を受けました。

背後のウイングユニットが一回り大きくなっているような気がしました。

アップだと機体の重圧感を感じます。

背後のウイングユニットに高エネルギー長射程ビーム砲とアロンダイトビームソードを折りたたんだ状態で収納しています。

付属品は下記の通りです。

ビームライフル

シールド

フラッシュエッジ2ビームブーメラン

ソリドゥス・フルゴールビームシールド発生装置

パルマフィオキーナ掌部ビーム砲

アロンダイトビームソード

高エネルギー長射程ビーム砲

パルマフィオキーナ掌部ビーム砲のクリアパーツを手のひらに差し込むことで劇中のシーンを再現できます。掌部に設置されたビーム砲の展開範囲は狭いが極めて高い攻撃力を有する。

アロンダイトビームソードはビーム刃と実体刃の2種類で構成されている格闘兵器です。

ソリドゥス・フルゴールビームシールド発生装置は手の甲に設けられた発生器から展開される。

付属している背後のウイングユニットに装備する光の翼です。かなり大きいです。

光の翼をセットするとこんな感じになります。光にあてるとよりきれいにみえると思います。

フェイスのアップです。目のラインと両頬のラインが特徴的ですね。

ビームライフルは後ろの腰に収納できます。

シールドは下に降ろすことで展開させることできます。

パルマフィオキーナ掌部ビーム砲を構えてみました。

「あんたってひとはぁぁぁぁ!!!」ってつい叫びたくなっちゃいますね。

個人的には世代のせいか、ゴットフィンガーにしか見えませんが。。

通常時は両肩に収納しているビームブーメランの柄の部分にビームを接続するとこんな感じになります。

アロンダイトビームソードを両手で持たせてみるとかなり迫力がでますね。

通常時は背後に収納されている高エネルギー長射程ビーム砲を展開してみました。

過去に発売されたリメイク前のデスティニーガンダム(写真右)と新生デスティニーガンダム(写真左)を比較してみました。

正面から見ると新生デスティニーのほうがスタイリッシュになって、背後のウイングユニットが大型化しているように見えますね。シールの数も少なくなっているような気もするので助かります。

パーツが落ちそうな部分は全くなかったので、明らかにグレードアップしていると思います。

■まとめ

というわけでリメイクされたディスティニーガンダムですが、前回のキットと比較するとかなりバージョンアップしてました。クリアパーツの光の翼が付属しているのはうれしいですね。HGなので2~3時間で組み立てられるのも魅力的だと思います。武器が豊富にあるので換装して様々なアクションポーズを楽しめると思います!

GUNPLA
スポンサーリンク
シェアする
Build Edge

コメント