■amazon ガンプラ新商品
クリックすると詳細ページが見れます。

2019年12月発売
METAL STRUCTURE
RX-93 νガンダム

2019年10月発売
HGUC 閃光のハサウェイ
ペーネロペー

2019年10月発売
ハイレゾリューションモデル
ゴッドガンダム

2019年9月発売
MG ガナーザクウォーリア
(ルナマリア・ホーク専用機)

2019年8月発売
HG ユニコーンガンダム 3号機
フェネクス(ユニコーンモード)

2019年9月発売
HGAC 新機動戦記ガンダムW
ガンダムサンドロック

2019年8月発売
RG 機動戦士ガンダム
逆襲のシャア νガンダム

2019年7月発売
RE/100 機動戦士ガンダム0080
ポケットの中の戦争 ザクII改

【ガンダムベース限定】RX78-2 ガンダム [メタリックグロスインジェクション]

GUNPLA
スポンサーリンク

今回もガンダムベース東京で購入してきた限定ガンプラを紹介したいと思います。

RX78-2 ガンダム [メタリックグロスインジェクション] です。

通常のガンプラと異なる点は、パーツごとにメタリック仕様でツヤツヤ感があるのが特徴です。

ガンダムベースのロゴがデザインされた、ディスプレイ台座が付属しています。

2017年08月発売、1,296円(税込)です。

HG 1/144 ガンダムベース限定 RX-78-2ガンダム [メタリックグロスインジェクション]|バンダイ ホビーサイト
1/144 RX-78-2 ガンダム HG レビュー
2015年に発売されたRX-78-2 ガンダム 1/144 HG の商品紹介です。 最新の技術を導入したHGUC-REVIVEシリーズのガンダムです。 旧HGUCキットとほぼ同じ総パーツ数で1.5倍以上の稼働個所を実現し、多彩なアクションポーズを可能としています。

パッケージはガンダムベース限定仕様になっています。

ビーム・サーベルを振りかざすガンダムは通常モデルと同様の絵が使用されているようです。

取扱説明書は通常のHG 1/144 RX78-2 ガンダムとほぼ同じ内容だと思います。

ランナーは5枚、シールは1枚付属しています。

2時間あれば作れるボリュームだと思います。

カメラ・アイのシールは [1] or [2] + [3] で選択式になっています。

完成品がこちらです。

大部分を占める白色のパーツがいまいちインパクトにかける印象がありました。

青色と赤色のパーツがメタリック感の主張を強く感じました。

胸部のアップにすると、メタリック仕様がより強く主張していることがわかります。

コクピットの開閉はできないようです。

横と背後から撮ってみると、全体的にスリムな印象を受けました。

スタイルは通常モデルと変化はないような気がしました。

付属している武装です。

ビーム・ライフル

ビーム・サーベル

ハイパー・バズーカ

シールド

フェイスのアップです。

カメラ・アイのシールは選択式のようでした。

クリアパーツを効果的に見えるシールを使用しました。

バックパックに搭載されている、2本のビームサーベルです。

装着状態から外してビーム・サーベルを接続して手に持たせることができます。

腕の可動範囲は素晴らしい出来だと思います。

前後左右に動くようある程度、可動範囲に余裕をもたせた設計になっています。

シールドは左右両方の装備できるようになっています。背中のバックパックにも装備可能です。

股下にはアクションベースに接続できるよう、ジョイント用の穴が空いています。

脚部の可動範囲も見事です。足裏と背中がくっつきそうなくらい動きます。

ここまでよく曲がるといろんなアクションポーズが再現できると思います。

ビーム・ライフルは黄色のスコープと持ち手の部分が可動するようになっています。

武器もメタリック仕様でテカテカしている感じがします。

ハイパー・バズーカは腰の後ろに装着可能です。

ジョイント部分を接続すれば、写真のように安定して装着できます。

宇宙空間でハイパー・バズーカを右手に持って、構えるシーンを再現しました。

白色のパーツが他のメタリック仕様のパーツに比べて主張が弱い気がするのが気になりました。

ビーム・サーベルを装備させてみました。

手のグリップがしっかりしてるので、ぐらつくことがなく安定して装着できました

ビーム・ライフルを持つときは、ライフル用の手に換装する必要があります。

シールドは背中のバックパックにも装着することができます。

ビーム・ライフルを両手で構えて射撃体勢にしてみました。

グリップを両手で沿えることで握ってる感じを再現できると思います。

フォーカスをライフルにあてると背景がぼやけてカッコよくみえますね。

ガンダムベース限定の台座が付属していました。

センターに大きいロゴが入っているのが特徴的です。

■まとめ

メタリックインジェクション仕様ということで、塗装をしなくてもメタリック仕様が再現できる作品でした。

ギミックとしては通常モデルと同じなので、塗装する環境・時間がないひと向けかなと思います。

全体的にもう少しメタリック感を前面にだしてもよかったかなと思います。

ギミックとしては通常モデルと同様で文句のつけようがないです。

可動範囲が広くて、よく動くので簡素な造りながら本当に素晴らしいです。

HG 1/144 ガンダムベース限定 RX-78-2ガンダム [メタリックグロスインジェクション]|バンダイ ホビーサイト
1/144 RX-78-2 ガンダム HG レビュー
2015年に発売されたRX-78-2 ガンダム 1/144 HG の商品紹介です。 最新の技術を導入したHGUC-REVIVEシリーズのガンダムです。 旧HGUCキットとほぼ同じ総パーツ数で1.5倍以上の稼働個所を実現し、多彩なアクションポーズを可能としています。

■ 発売中おすすめガンプラ


HGCE ガンダムSEED DESTINY
デスティニーガンダム

RG 機動戦士クロスボーン
クロスボーン・ガンダムX1

MG 機動戦士ガンダム0080
ガンダムNT-1 Ver.2.0

HGUC 機動戦士ガンダムNT
ナラティブガンダム C装備
GUNPLA
スポンサーリンク
シェアする
Build Edge (デザイン構築中)

コメント