【イベント限定品】HG 1/144 ガンダムバルバトスルプス アイアンブラッドコーティング

GUNPLA
スポンサーリンク

今回紹介するのはガンダムベース東京でしか手に入らない限定ガンプラのガンダムバルバトスルプス [アイアンブラックコーティング]です。パッケージはモノトーンになっていて、プレミア感がありますね。
限定品なので在庫がなくなり次第、販売終了になると思います。

商品一覧 − 商品情報|THE GUNDAM BASE TOKYO - ガンダムベース東京公式サイト
(株)BANDAI SPIRITS ホビー事業部運営の「ガンプラ」を主体とした総合施設”ガンダムベース東京(THE GUNDAM BASE TOKYO)”の公式ホームページです。ガンダムベース東京関連の施設情報や更新情報、新商品情報、イベント、キャンペーンなどの情報をお知らせ!

取扱説明書はおそらく通常版と同様だと思います。
限定アイアン仕様の記載はどこにも見当たりませんでした。

ランナーは全部で4枚です。
一番の特徴は外装のパーツがメタリック仕様になっています。
パーツ数は少ないのですぐに完成させられると思います。 

いちおうシールが付属していますが、メタリック感を出したい人はシールは不要だと思います。 

というわけで、さっそく組み立ててみました。
HGでランナーも少ないので2時間程度で完成しました。
ほぼ全身が同じカラーで統一されているので、クールな雰囲気がでました。
外側のパーツはプラスチックなのにメタル感をだしてるで光にあてると存在感が増します。
たぶんオルフェンズの作品はメタリック仕様が似合うと思います。 

光を抑えて撮影すると影ができて、落ち着いた雰囲気になります。 

アップにしてみるとゴツゴツした印象になりますね。
パーツの色は3種類くらいしかないので、派手さはないのですが、パーツごとの主張が激しいような気がします。 

上から撮るとこんな感じになります。
作品の設定上のせいか、関節部分や内部のパーツがリアルに作られていると思います。
特別なギミックはないですが、シンプルに作られてるので扱いやすいです。 

腰回りは両脇にあるスタスタ―?みたいなパーツが印象的でした。

胴体と腰の接続部分はシンプルに一本棒で支えられているので、若干強度に不安がありますね。
ポキっと折れないように丁寧に扱ったほうがよいと思います。
腰のほうの接続部分はまわるようになっているので、前後左右に大きく可動することができます。 

おしりのところにアクションベースと接続する穴があります。
アクションベースは付属していないので、別途購入する必要があります。 

腕は写真のとおり大きく曲げることができるので可動範囲は広いです。
光にあてると腕まわりが筋彫りしないでも、一つ一つの筋がかなり非常に目立ちます。 

背中のバックパックです。
シンプルな構造でソードメイスを収納できるようになっています。
2本収納できるようですが、付属しているソードメイスは1本のみです。 

バルバトスルプスの武器・ソードメイスです。
リーチが長いので扱いやすいように取っ手も長くなっているようです。
個人的にはベルセルクの大剣を思い出します。。 

 

 

ソードメイスを背負っているシーンを再現してみました。
武器を持たせるのに、手のパーツを取り外しを毎回しないといけないのがめんどくさいです。。
カメラの性能のおかげではありますが、カッコよく取れたので満足しています。 

宇宙で発進するシーンの再現です。
こんなシーンがあったような気がしたので再現してみました。
両手でソードメイスを持たせたときの、武器の角度に苦戦しました。
アクションベースを使うと、こんな感じになります。 

パッケージにあるポーズを再現してみました。
手首の強く固定されているので、片手でソードメイスを持たせてもとても安定しています。
足をもっと広げていれば、戦闘の雰囲気がでたかなぁと思います。。

■まとめ
アイアンブラッドコーティング版を購入したのは、初めてですが非常に高いクオリティでした。
たぶんメタリック仕様が似合うのはガンプラの作品によるのかなと思います。
オルフェンズはビーム兵器がほぼなく、接近武装が多いので、メタル感が似合います。
こちらもイベント限定品なのでガンダムベース東京で買うのが一番安く手に入ると思います。 



GUNPLA
スポンサーリンク
シェアする
Build Edge

コメント